ノート

車にスピーカーを取り付けたい!おすすめのカースピーカーや取付店はどこ?

最終更新日: 2021年9月28日

    • #パーツ取り付け
    • #スピーカー・オーディオ
左を向いているこむぎちゃん

こむぎちゃん

運転中に音楽を流すとテンション上がるよね。もっと低音を響かせたりしたいな〜
右を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

そんな時はスピーカーを交換するといいですよ!

音楽を聴きながら車に乗っていると楽しいですよね。ですが再生中に音が割れたり、ノイズが乗ったりすることはありませんか?

そんな時はスピーカーを交換するのがおすすめです!

今回はカースピーカーの種類やそれぞれの違いについてご紹介していきます。

ざっくりと記事をまとめると…

  • 低音から高音までひとつのスピーカーでカバーするフルレンジ

  • ウーファーとツイーターの2つのスピーカーが同軸上にあるコアキシャル

  • ウーファーとツイーターが分離しているセパレート

  • ウーファー、スコーカー、ツイーターの3つで構成される3WAYスピーカー

  • 重低音に特化したサブウファー

  • スピーカーを選ぶときは予算の範囲内で自分の好みの音を探そう!

  • 取り付けはDIYできるけど専門工具が必要

  • カー用品店はスピーカー代と工賃がセットになっているところもある

  • スピーカーの持ち込みを考えているなら自動車修理工場がオススメ!

  • 安価に取り付けを依頼したいなら【メンテモ】を活用して工場を探そう!

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「オーディオ取り付け」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

車のスピーカーってどんなのがある?カースピーカーの種類

音質を向上させたいときにもっとも効果的なのがスピーカーの交換です。

ドライブ中に音楽をより楽しみたい!と思っても、実際にどのようなスピーカーを選べば良いのかわからないという方も多いかもしれません。

そこで、ここからはカースピーカーの種類と特徴についてご紹介していきます。

左を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

カーオーディオは、アンプやFM/AMチューナー、CDプレイヤーなどが一体となったメインユニットと、カースピーカーで構成されていますよ!

まずはカースピーカーの種類について見ていきましょう!

【関連】▷【2021年最新】おすすめのカーナビは?人気機種を比較ランキングでご紹介!

純正品に多いタイプ!1本で低音高音をカバーする優等生【フルレンジ】

まずご紹介するのはフルレンジです。

フルレンジひとつのスピーカーで低音から高音まで全ての帯域をカバーするスピーカーで、純正品に使用されていることが多いタイプ

ポイント

  • 純正スピーカーの多くに使われている

  • ひとつのスピーカーで低〜高音域をカバーできる

スピーカーは再生できる音域の広さによって音質が変化します。また、振動板、マグネット、フレームに使用されている材質によっても変わってきます。

純正品の場合、軽量化やコストを重視しているため、材質や構造といった点で市販品よりも劣っています。

ですので同じフルレンジでも市販品に変えるだけで音質の向上が期待できます!

市販品を購入する際は、振動板、マグネット、フレームの3点に着目して選ぶとよいでしょう。

振動板の素材や厚みによって音の伝わり方が変わります。

マグネットのサイズ・磁力が大きいほど音がパワフルになり、フレーム強度の高さも重要です。

左を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

スピーカーを選ぶときの参考にしてみてください!

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「オーディオ取り付け」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

フルレンジはこんな方におすすめ!

  • 交換に手間をかけたくない人

  • カーオーディオ初心者の人

最近はトレードインスピーカーと呼ばれる、加工せずにそのまま取り付けられるタイプのものが人気です。

右を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

価格も5,000〜30,000円と幅広く、値段と性能が比例していると思ってもらっていいでしょう!

フルレンジスピーカーの一覧リンクは以下をクリック!

一体型はお手頃価格でスッキリ!【コアキシャルタイプ】

次に紹介するのはコアキシャルタイプのスピーカーです。

コアキシャルタイプと、次の項でご紹介するセパレートタイプは中低音域用のウーファーと、高音域用のツイーター2本のスピーカーで構成されているで2WAYスピーカーとも呼ばれています。

ポイント

  • 音がまとまりよく聴こえる

  • 設置が比較的簡単

  • 音の臨場感に欠ける

中低音域と高音域でスピーカーが分けれてはいますが、一体化(同軸上にある)しているため、音のまとまりが非常に良いです。

また、設置も比較的簡単なため手軽に音を変えたい場合はおすすめです!

しかしながら、ドア下部に設置することが多いコアキシャルスピーカーは臨場感が物足りないことが考えられます。

これは高音であるほど音の指向性がはっきりするため、人の声が低いところから聞こえてしまうことが原因です。

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「オーディオ取り付け」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

一体型(コアキシャルタイプ)はこんな方におすすめ!

  • お手軽に音を変えたい人

  • 安価に音を変えたい人

コアキシャルタイプも設置が比較的簡単なため、お手軽に交換することができます。

また、価格は性能にもよりますが、セパレートタイプなどに比べると低価格で購入できるのではないかと思います。

左を向いているこむぎちゃん

こむぎちゃん

コアキシャルのスピーカーをAmazonで見るならこちら!

音域にこだわるならツイーターとウーファー分離型【セパレートタイプ】

セパレートタイプウーファーとツイーターが独立しているタイプのこと

コアキシャルタイプと同様、中低音域用のウーファー、高音域用のツイーターの2本のスピーカーで構成されているものです。

::komugi-lrft::コアキシャルとの違いはあるのかな?

ポイント

  • 音の臨場感が上がる

  • ツイーターを設置する位置を自由に決められる

ウーファーはコアキシャルタイプと同様ドア下部に設置しますが、ツイーターを耳に近い高さに設置します。

左を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

セパレートタイプは、コアキシャルのデメリットであった音の臨場感についてカバーできるようになっています!

また、ツイーターを設置する位置についても好みの箇所に設置できるため、自由度が高いです。

ですが、位置や方向の調整をしっかり行わないと音がばらついて聞こえてしまうので注意しましょう。

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「オーディオ取り付け」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

分離型はこんな方におすすめ!

  • 臨場感を味わいたい人

  • 設置箇所を自由に決めたい人

コアキシャルタイプより臨場感をもとめる方や、設置場所を自由に決めたい方にはおすすめです。

しかしながら、コアキシャルタイプより価格が高い傾向にあります。

また、配線周りなどの設置が難しいことも考えられますので、ご自分では厳しいと思われた方は業者に依頼することをおすすめします!

セパレートタイプのカースピーカーはこちら!

より高いクオリティで音楽を楽しみたい方は【3WAYタイプ】

3WAYタイプのスピーカーは2WAYのスピーカーにスコーカーと呼ばれるミッドレンジ(中音〜高音)をカバーするスピーカーを加えたものになります。

音域ごとに異なるスピーカーを使用しているため音域が広く、豊かでクオリティの高い音が特徴です。

ポイント

  • より高いクオリティの音が楽しめる!

  • 設定が難しいため上級者向け

ただし、セッティングがセパレートタイプ以上に難しいため、きちんと設置しないと音の跳ね返りのばらつきなどによって音にまとまりがなくなってしまいます。

音にこだわりたい上級者におすすめのモデルといえるでしょう。

左を向いているこむぎちゃん

こむぎちゃん

3WAYタイプの取り付けはお店に頼んだ方が良さそうだね

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「オーディオ取り付け」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

3WAYタイプはこんな方におすすめ!

  • とにかく音にこだわりたい人

  • フルレンジや2WAYを試して物足りないと感じた人

右を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

より良い音質で音楽を楽しみたい方や、フルレンジや2WAYで満足できなかった人におすすめです!

何か物足りない…という方は【サブウーファー】を検討してみて

特にロックなどをお聞きになる方は重低音が物足りないなあと感じたことはありませんか?

このサブウーファーを設置することで音に厚みや迫力を出すことができます!

サブウーファーとは:重低音に特化したスピーカーのこと

主にアンプがつかない単体サブウーファーと、アンプが付属したパワード・サブウーファーがの2種類あります。

ポイント

  • 重低音を大幅に強化できる

  • とてもコンパクト

低音域は音の指向性がわかりにくいため、片側どちらかに設置するのが一般的となっています。

そのため非常にコンパクトで、アンプのついたパワード・ウーファーでもシート下に設置できたりします。

左を向いているこむぎちゃん

こむぎちゃん

これでヘヴィメタとか聴いたらすごいアガるだろうな〜!
左を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

でも運転中の大音量は危ないから、あまり大きな音で聴きすぎるのはやめようね!

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「オーディオ取り付け」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

サブウーファーはこんな方におすすめ!

  • 重低音をもっと響かせたい人

  • 音に厚みを持たせたい人

ガンガンに低音を響かせたり音に厚みを持たせたい方におすすめとなっています。

右を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

車を揺らすような重低音を響かせることもできます!

しかし音が大きすぎると周りの迷惑になることもあるので気をつけましょう!

左を向いているこむぎちゃん

こむぎちゃん

サブウーファースピーカーもAmazonに売ってるよ!

車のスピーカーの選び方は?

左を向いているこむぎちゃん

こむぎちゃん

それぞれの特徴は分かったけど、スピーカーを選ぶ基準はなんだろう?

一概にこれが良いとは言えないので、ご自分の予算の範囲内で、好みの音色やタイプの物を選んでいただくのがもっとも後悔しない方法だと思います。

その際のポイントについてお伝えします。

音の好みは?周波数で決める

再生周波数帯域が広がると、それだけ聴こえる音が多くなります。

スピーカーを変えることで周波数帯域が広がると今まで聞こえなかった音が聞こえるようになってきるので、スピーカーを選ぶ際にはそこを意識すると良いでしょう。

また、今ついているスピーカーはそのままで、重低音だけを追加するなども可能ですので、

  • 人間の耳に聞こえる周波数は20Hz〜20kHz

  • カーオーディオで一般的なのは30Hz〜40kHz

  • スピーカーは周波数ごとに分割すればするほど歪みがなくなる

それぞれの周波数

周波数種類
重低音(50Hz以下)サブウーファー
中音(400~2kHz)ミッドレンジスピーカー
低音(50~400Hz)ウーファー
高音(2kHz以上)ツィータースピーカー
この表は横スクロールで見切れた部分を見ることができます。
左を向いているこむぎちゃん

こむぎちゃん

自分にとっての心地よい・聴きやすい周波数を見つけるのがおすすめだよ!

どこに取り付けたい?希望の取付場所で決める

フルレンジやコアキシャルは取り付け場所が定まっていますが、セパレートや3WAY、サブウーファーは自由に決められるので取り付け場所の希望があればこちらの方がおすすめです。

それぞれの取り付け位置

取り付け位置Name
シート下など好みの場所サブウーファー
好みの場所3WAY
ドア下部フルレンジ
ドア下部コアキシャル
好みの場所セパレートタイプ
この表は横スクロールで見切れた部分を見ることができます。
左を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

より耳に近い位置に取り付けた方が音は良くなりますよ!

あらかじめ予算を決めておくのもおすすめ!

カースピーカーは一般的なオーディオ製品と同様に、価格と音質が比例します。

あまり高くなっても困るけど、良い音質で音楽を楽しみたい!という方には3万円〜6万円程度のボルトオンタイプのカースピーカーがおすすめです。

ボルトオンタイプとは:純正のものと置き換えるだけで手軽に音質をあげられるもの

しかし、1万円のスピーカーでも純正のものと比べると音は良くなります。

音の好みの個人によりますので、なんとも言えない部分ではありますが、一般的に3万円以上のものであれば十分いい音が出ると思って良いでしょう。

左を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

もっと高性能なスピーカーがいいという方は5万円以上のものを狙うのがおすすめです!

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「オーディオ取り付け」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

車のスピーカーってどこで取り付けてもらえる?自分で取り付けはできる?

左を向いているこむぎちゃん

こむぎちゃん

スピーカーを交換したいけど自分でもできるのかな?
右を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

カー用品店や自動車工場でも対応してくれるみたいですよ

ここまででスピーカーの種類やその特徴についてご紹介しました。

スピーカーを選ぶときの参考していただければ幸いです。

では購入したスピーカーをいざ取り付けるとなった時、どうやって取り付けを行うのかそもそも自分で取り付けられるのか、不安を抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

ここからは自分で取り付ける際のメリットやデメリット、また取り付けを依頼する場合の業者別の違いについてご紹介したいと思います。

自分でできる?DIYのメリットとデメリット

結論から言いますと、カースピーカーの取り付けはご自分で行うことが可能です!

工賃がかからないため安く抑えられるのは魅力的ですが、デメリットもあるのでチェックしていきましょう。

メリット・デメリット

  • メリット:費用が安い

  • デメリット:専門工具が必要

  • デメリット:内張を剥がしたり、加工しないと取り付けできない可能性がある

安く済ませられることに越したことはありませんが、内張外しや圧着ペンチなど専門工具が必要なので結果的に高くついてしまったりする可能性があります。

また、取り付けには内張を外す必要があり意外と大掛かりな作業になります。

そして、トレードインやボルトオンと呼ばれるタイプのスピーカー以外だと、サイズが合わないと加工をしないと取り付けられなかったり......なんてことも考えられます。

右を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

しっかりと取り付けをしたいなら業者に依頼することをおすすめします。

気軽さが魅力!商品ラインナップはお店ごとに違う?【カー用品店】

続いてご紹介するのはカー用品店になります。

カー用品店で取り付けを依頼する場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • スピーカーをお店で購入してそのまま取り付けを依頼できる。

  • 工賃込みでのスピーカー販売を行っていることがある

  • 気軽に相談できる

デメリット

  • 持ち込みによる取り付けができなかったり、料金が割増になる場合がある

カー用品店ではもちろんスピーカーの販売も行っていますので、スピーカー購入のついでにそのまま作業を依頼することができます。

また、店舗によっては取り付け工賃込みでスピーカーの販売を行っていることもあるようです。

右を向いているこむぎちゃん

こむぎちゃん

スピーカーの購入について悩んだ時も気軽に相談できるのは嬉しいポイントだね!

店舗によって異なりますが、取付工賃は5,000〜7,000円が相場となっています。

しかしながら、ご自分で購入したスピーカーを持ち込みで依頼したい場合などは拒否されたり、割増料金を取られることもあるので、持ち込みを希望される方には厳しいかもしれません。

持ち込みのスピーカーを取り付けたいなら【自動車修理工場】がおすすめ

では、持ち込みでスピーカーの取り付けを行いたい場合どこに頼めばいいのか?

もっともおすすめするのは自動車修理工場です。

自動車修理工場には以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 取付工賃が安い

  • 持ち込みが可能

  • オーディオの取り付けを得意としている工場もある

デメリット

  • 工場によって技術に差がある

自動車修理工場であれば、持ち込みが可能だったり、スピーカーの取り付けに強い工場もあります。

そういった工場では取付工賃が比較的安いこともあります。

工場によってさまざまですが、相場は1箇所あたりおよそ4,000円〜となっています。

このような点で優れた自動車整備工場ですが、工場によって技術力に差があるので工場を選ぶ際には注意が必要です。

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「オーディオ取り付け」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

持ち込み可能で様々な希望に応えてくれる工場を探す方法は?

持ち込みができて信頼できる工場を探したい。

そんな方をサポートするサービスがメンテモです。

メンテモでは確かな技術を持った工場を希望する条件にそって検索することができます!

工場選びでお悩みの方はぜひ一度ご覧になってください!

左を向いているこむぎちゃん

こむぎちゃん

工賃や決済方法もサイトで見られるのは便利だね!

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「オーディオ取り付け」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

【まとめ】コスパ最強!自分好みのカスタムをするなら自動車修理工場に依頼しよう!

今回はスピーカーの種類や選び方、業者別の取り付け作業の特徴についてご紹介しました。

カースピーカーの取り付けを行う場合、自動車修理工場が安価で安心できるということがわかっていただけたのではないかと思います。

左を向いているこむぎちゃん

こむぎちゃん

さっそく取り付けの依頼をしてみようかな
右を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

メンテモならお近くの工場を探したり、写真で工場の雰囲気もわかるので一度検索してみましょう!

【今回の記事のまとめ】

  • 低音から高音までひとつのスピーカーでカバーするフルレンジ

  • ウーファーとツイーターの2つのスピーカーが一体化したコアキシャル

  • ウーファーとツイーターが分離しているセパレート

  • ウーファー、スコーカー、ツイーターの3つで構成される3WAYスピーカー

  • 重低音に特化したサブウファー

  • スピーカーを選ぶときは予算の範囲内で自分の好みの音を探そう!

  • 取り付けはDIYできるけど専門工具が必要

  • カー用品店はスピーカー代と工賃がセットになっているところもある

  • 持ち込みを考えているなら自動車修理工場がオススメ!

  • 信頼できる工場を探すなら【メンテモ】を活用しよう!

みなさんの好みに合ったスピーカーでより快適なカーライフを過ごしましょう!

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「オーディオ取り付け」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

探せる、見つかる 愛車の主治医

SNSでクルマ情報発信中!

タグから探す
運営元:株式会社メンテモ©2021 Mentemo Inc.