ハイブリッド車のバッテリーは普通車と違う?メーカーごとに交換時期や寿命をご紹介 | メンテモ ノート

ノート

ハイブリッド車のバッテリーは普通車と違う?メーカーごとに交換時期や寿命をご紹介

最終更新日: 2022年9月8日

    • #バッテリー
    • #部品交換
    • #車のメンテナンス
    • #トヨタ
右を向いているナンデちゃん
ナンデちゃん
ハイブリッド車が最近人気を集めているけど、バッテリーってどれくらい長持ちするんだろう?
左を向いているセイビちゃん
セイビちゃん
せっかく乗るなら長持ちする方がいいですよね
右を向いているナンデちゃん
ナンデちゃん
交換するときの費用も気になるよね〜

低燃費なことから人気を集めているハイブリッド車は現在さまざまな企業が力を入れて開発に取り組んでいる車種です。

電動モーターを従来のガソリンエンジンと併用することでその燃費の良さを実現しています。

今回の記事ではハイブリッド車の心臓であるバッテリーについて、その特徴やメーカーごとの保証、交換の時期について紹介します!

ざっくりと説明すると...

  • ハイブリッド車には「駆動用バッテリー」「補機バッテリー」の2種類が搭載されている
  • バッテリーの寿命は明確なサインがあるのでチェックしてみよう!
  • ハイブリッド車の保証や特徴はメーカーごとにさまざま
  • バッテリーの保証期間を過ぎてもまだまだ乗ることは可能
  • 駆動用バッテリーの交換はDIYではできないので注意!
  • 保証期間内であれば【ディーラー】に交換依頼をしよう
  • 気軽に相談するなら【カー用品店】へ!
  • コスパ最強!安さと技術の【自動車工場】がおすすめ!

全国バッテリー交換

お願いできる工場をお探しなら
工場をメンテモで探す

バッテリー交換の依頼はコチラ

ハイブリッド車のバッテリーとは?駆動用と補機の違い

ハイブリッド車のバッテリーとは?駆動用と補機の違い
右を向いているナンデちゃん
ナンデちゃん
ハイブリッド車のバッテリーって普通のバッテリーとどう違うの?

ハイブリッド車には従来のガソリン車から使われているバッテリーの他に、電動モーターを動かすための特別なバッテリーを搭載しています。

それぞれのバッテリーがどのような違いがあるのか詳しく見ていきましょう。

ハイブリッド車のバッテリーは2種類ある

ハイブリッド車には「駆動用バッテリー」「補機バッテリー」の2種類が搭載されています。

右を向いているナンデちゃん
ナンデちゃん
駆動用は文字通りなんだろうからわかるんだけど、補機バッテリーってなんなんだろう?

駆動用、補機バッテリーがそれぞれ役割や寿命がどのくらいなのかご存知でない方もいらっしゃるかと思います。

どちらもバッテリーですが、交換時期や寿命がことなりますので、確認していきましょう!

駆動用バッテリー

駆動用バッテリー
駆動用バッテリーとは:ハイブリッド車の電動モーターを動かすために必要なもので心臓部

モーターを動かすためには大きな電流と電圧が必要になるため、通常の自動車用のバッテリーよりも高出力になっています。

そのため、専用のニッケル水素リチウムイオンを利用したバッテリーが使われており、最近は電気のみで走るEV車も販売されています。

どちらも同じリチウムイオン電池を使用していますが、ハイブリッド車のバッテリーは容量が小さい代わりに瞬発力があり、EV車は容量が大きいため長距離を走れるという特徴があります。

右を向いているセイビちゃん
セイビちゃん
また、ハイブリッド車やEV車の駆動用バッテリーは、ブレーキを使うことで発電された電気が蓄電されるというのも大きな特徴です

駆動用バッテリーの交換時期や寿命はいつ?

駆動用バッテリーの製造技術は日々進化していて、世に出回り始めた当初と比べると、技術力も上がって寿命も伸びています。

バッテリーの寿命は10年以上、走行距離だと15万km〜20万kmが目安と言われています。

右を向いているセイビちゃん
セイビちゃん
中には新車購入から廃車に至るまで一度もバッテリー交換をしなかったということもあるようです

補機バッテリー

補機バッテリー
補機バッテリーとは:従来の自動車と同様の鉛蓄電池を使用した12Vのバッテリーのこと

補機バッテリーはガソリン車と同じく、オーディオなどの電装品の電力を担っているほか、駆動用バッテリーの立ち上げに必要なため重要なものとなっています。

補機用バッテリーが上がってしまうとガソリン車と同じくエンジンがかからなくなってしまうため注意しましょう。

補機バッテリーの交換時期や寿命はいつ?

補機バッテリーはガソリン車と同じ鉛蓄電池ですが、ガソリン車が2〜3年を目安に交換するのに対して、ハイブリッド車のバッテリーは寿命が4〜5年と長めになっています。

ガソリン車よりも交換スパンが長い分おろそかにしてしまうこともあるかもしれませんが、前述の通り補機バッテリーが上がってしまうとエンジンがかからなくなってしまうため、定期的にチェックしましょう。

補機バッテリーの交換時期

車種Tags
ガソリン車2〜3年で交換が推奨
ハイブリッド車4〜5年で交換が推奨

全国バッテリー交換

お願いできる工場をお探しなら

バッテリーの寿命ってどこで判断すればいいの?

バッテリーの寿命ってどこで判断すればいいの?

さて、ここまでで駆動用バッテリーと補機バッテリーがそれぞれどのような役割を持っているのか、交換時期はどのくらいを目安にすれば良いのかということをご説明いたしました。

しかし、実際にバッテリーに寿命がきているということはどうやって判断すれば良いのでしょうか?

右を向いているナンデちゃん
ナンデちゃん
ナンデは車にあんまり詳しくないからわかんない…

ハイブリッド車のバッテリーの寿命は、いくつかのポイントに着目することで判断することができます。

駆動用バッテリーの場合

  • 運転席のモニターにあるバッテリー容量計を見る
  • モニターにメッセージが出ている
  • 燃費が悪くなってきた

ハイブリッド車やEV車にはバッテリーの容量を表示するメーターがあり、そのメーターを見ることでバッテリーの劣化具合を知ることができます。

また、残量が一定以下を下回るとモニターにメッセージが表示されますので、その時は交換を検討しましょう。

補機バッテリーの場合

  • エンジンがなかなかかからない
  • ヘッドライトが暗くなってきた
  • パワーウィンドウの動きが遅い
  • クラクションの音が小さい気がする

補機バッテリーが劣化すると電力不足でセルモーターの回転が落ちます。

そのためエンジンを起動する際の「キュルキュル」といった音が弱かったり、聞こえなかったりします。

また、ヘッドライトや、パワーウインドウ、オーディオなどにの電装品も補機バッテリーを電力源としているため、バッテリーの寿命が近づくと本来の性能を発揮できません。

左を向いているナンデちゃん
ナンデちゃん
ハイブリッド車はエンジン始動の音が静かだから、他の部分で判断するのが良さそうだね
右を向いているセイビちゃん
セイビちゃん
おかしいなと感じたら一度見てもらいましょう!

全国バッテリー交換

お願いできる工場をお探しなら

メーカー別のハイブリッド車の駆動用バッテリー保証期間まとめ

メーカー別のハイブリッド車の駆動用バッテリー保証期間まとめ
右を向いているナンデちゃん
ナンデちゃん
保証内容やハイブリッドシステムってメーカーごとにどんな特徴があるのかな?

車の使用頻度や走行条件によって、バッテリー交換の時期は異なります。

車種によって異なるとは思いますが、メーカー別に大まかな目安となる保証期間をまとめたので、保証期間内に交換したい方は参考にしてください。

スズキ

スズキ
スズキは新車登録から5年間、もしくは、走行距離10万kmのどちらか早い方を保証期間と定めています。

スズキのハイブリッド車の特徴としては、発進時にガソリンをメインに使っていることです。

トヨタなどは一番ガソリンを消費する発進時にモーターを使用することに注力しています。

反対にスズキは発進をガソリンに頼る代わりに、60km/h以下で走行する際にエンジンを停止している時間を長くして帳尻を合わせています。

スズキのハイブリッド車にはワゴンR、スペーシア、ハスラー、スイフト、ソリオなどがあります。

右を向いているセイビちゃん
セイビちゃん
スズキのマイルドハイブリッドは効率よくパワフルで、毎日のドライブを楽しいものにしてくれますよ!

トヨタ

トヨタ
トヨタの保証期間は新車登録から5年間、もしくは、走行距離10万kmのどちらか早い方です。

ハイブリッド車の先駆者であるトヨタは、非常に完成度の高い車を数多く販売しています。

新型ノアのハイブリッドシステムで搭載されているニッケル水素電池は、寿命が長く、廃車まで乗り続けられるユーザーも多いそうです。

アクア、プリウス、ノア、アルファード、ヴォクシー、シエンタなど、機種が豊富なので、機種ごとの違いも楽しみつつ、バッテリーのことも頭に入れながら検討すると良いと思います。

右を向いているナンデちゃん
ナンデちゃん
トヨタのハイブリッド車は乗りやすいしすごく人気だよね!ナンデも欲しいな〜

日産

日産
日産は新車登録から5年間、もしくは、走行距離10万kmのどちらか早い方を保証期間と定めています。

日産では、ノートe-POWERでは駆動用バッテリー単体の保証はなく、e-POWERシステム自体に保証がかかっているようです。

真偽の程は分かりませんが、日産のe-POWERシステムの寿命は、半永久的だとも言われています。

右を向いているセイビちゃん
セイビちゃん
繰り返しになりますが、真偽の程は確かではありません!

ホンダ

ホンダ
ホンダの保証は新車登録から3年間、もしくは、走行距離6万kmのどちらか早い方です。

他社と比較すると期間が少し短めなので、購入を考えている方は、機種ごとの違いをしっかりと確認してから購入を決めると良いかもしれません。

フィット、ステップワゴン、ヴェゼル、フリードなどが展開されています。

::seibi-lefr::ホンダのハイブリッドも人気があるのが多いよね!フィットは街中でもよく見かけます

三菱

三菱の保証は新車登録から8年間、もしくは、走行距離16万kmのどちらか早い方です。

保証期間が長いことが大きな一つの魅力なので、検討する際の要素として注目ポイントだと思います。

アウトランダーPHEV、エクリプス クロス、など三菱独自のPHEVシステムを搭載した車種があります。

保証期間より長く使いたいと思っている方へ

保証期間より長く使いたいと思っている方へ

保証期間はあくまでメーカーが保証してくれている期間なので、保証期間を超えてバッテリーを使い続けることは可能です。

記事の最初でもお話しした通り、実際には15〜20万kmが寿命と言われていて、10万km以上乗っても、交換せずに使い続けている方も多くいらっしゃるそうです。

しかしながら、駆動用バッテリーはハイブリッド車の心臓であるためその交換費用は高額になりがちです。

もし交換するとなると、バッテリー自体が高額で、工賃も合わせると20万円程度かかってしまう可能性があります。

交換費用はできれば安く抑えたいところですよね。

そこで、既に保証期間より長く使っていらっしゃる方、これからも使い続けたいという方は、ぜひ一度、【メンテモ】でお見積もりをしてみてください。

メンテモでは腕利きの工場のみをご紹介しています。

右を向いているセイビちゃん
セイビちゃん
ディーラーよりも費用を安く抑えられるのでおすすめです!

全国バッテリー交換

お願いできる工場をお探しなら

安く依頼できるハイブリッドバッテリー交換のお店はどこ?

安く依頼できるハイブリッドバッテリー交換のお店はどこ?

バッテリーを交換するとなると悩ましいのはお店の選び方ですよね。

できるだけ安いところがいいけど、安いところは何か裏があるんじゃないか......そんな心配を抱えている方もいらっしゃると思います。

そんな疑問にお答えするためにここでは業者ごとの違いについて詳しくご紹介します。

自分でバッテリー交換はできるの?

まずは業者に頼らない方法についてです。

バッテリー交換は自分ですることができますが、ハイブリッド車の場合は補機バッテリーのみです。

駆動用バッテリーは専門知識や技能が必要で素人が行うことは不可能です。

また、電流・電圧が高いため重大な事故やケガに繋がる可能性もあるので絶対にやめましょう。

補機バッテリーはご自身で交換することができますが、事前知識や道具はしっかりと準備した上で行うようにしましょう。

左を向いているセイビちゃん
セイビちゃん
不安な方は、費用にこだわらず業者に依頼することをおすすめします。

メーカー保証期間中なら無料?【ディーラー】

メーカー保証期間中なら無料?【ディーラー】

車のことならディーラー、とお考えの方も多いかもしれませんが、比較的高額になってしまいますよね。

そんなディーラーはこんな人におすすめです!

  • 整備以外の部分でサービスを受けたい人
  • ディーラー保証期間内の人

もしもメーカー保証の期間内に寿命を迎えたり、規定容量いかになってしまった場合はディーラーに依頼するのがおすすめです。

保証の範囲内であれば無料で交換してもらうことが可能です。

しかしながら、保証期間後の交換は比較的割高になることが多いです。

ディーラーは自社製品の整備に強く、サービスも充実している反面、工賃や部品代が高めになっています。

気軽さが魅力!【カー用品店】

気軽さが魅力!【カー用品店】

気軽さが魅力なカー用品店はこんな人におすすめです!

  • 買い物のついでなどに気軽に相談したい人
  • クーポンなどのお得なサービスを利用している人

カー用品店は気軽に相談しやすいというのがポイントとなっています。

また、クーポンなどを発行しているところもあり、割引などで費用が安くできることがあります。

しかしながら、カー用品店はフランチャイズ店舗も多く存在し、お店に当たり外れがあり、整備技術にムラがあることもしばしば…

依頼先のお店はどうなのか、クチコミや評判をきちんと確認する必要があるでしょう。

自動ブレーキ搭載など最新自動車も!【自動車修理工場】

自動ブレーキ搭載など最新自動車も!【自動車修理工場】

あまり一般的ではないかもしれませんが、高い技術力をもち、比較的安価に依頼できる自動車修理工場はこんな人におすすめです!

  • 安くて技術的にも安心して依頼できる業者を探している人
  • 車の不具合や悩みを気軽に相談したい人

バッテリー交換に最もおすすめなのは【自動車修理工場】です!

自動車修理工場はディーラーの下請けとして作業することも多く、経験豊富です。

また、部品代を安く抑えることができたり、工賃が比較的安価なことが多いです。

しかしながら、全ての工場が当てはまるわけではない点には注意が必要です。

技術力や料金は工場によって差があるため、よく調べた上で依頼することが大切です。

「どの工場が良い工場なのかよくわからない......」もしそういった理由で断念しようと考えている方は一度【メンテモ】のサイトを見てみましょう。

メンテモでは国から認可された認証工場のみをご紹介しているので、経験豊富で技術に自信のある工場ばかりです。

予約や見積もりに関しても、メールや電話をする必要がないのことがポイントのひとつです。

右を向いているナンデちゃん
ナンデちゃん
予約や見積もりがwebだけでできるのはすごく便利だね〜!
左を向いているセイビちゃん
セイビちゃん
バッテリー交換以外もカテゴリごとに分かれていて比較検討しやすいですね!
右を向いているナンデちゃん
ナンデちゃん
支払い方法や工場の様子も見られるから、気になった人はチェックしてみよう!

全国バッテリー交換

お願いできる工場をお探しなら

ハイブリッド車のバッテリー交換を依頼するなら【自動車修理工場】がおすすめ

ハイブリッド車のバッテリー交換を依頼するなら【自動車修理工場】がおすすめ

今回はハイブリッド車のバッテリーについて、種類や各メーカーの保証、交換を依頼する際の業者ごとの特徴を踏まえながらご紹介しました。

エコカーとして人気を博しているハイブリッド車やEV車ですが、バッテリーの生産で多くの二酸化炭素を排出しているためエコだと言い切ることはできません。

また、駆動用バッテリーの劣化を放置すると燃費も悪くなり環境にもお財布にも優しくありません。

大切なことは定期的なメンテナンスを心がけることだと思います。

きちんとメンテナンスをして車やバッテリーを長持ちさせられるようにすれば、エコな走りを継続することはできると思います。

人と環境、そして車にも優しくなれるといいですね!

【今回の記事のまとめ】

  • ハイブリッド車には「駆動用バッテリー」「補機バッテリー」の2種類が搭載されている
  • バッテリーの寿命は明確なサインがあるのでチェックしてみよう!
  • ハイブリッド車の保証や特徴はメーカーごとにさまざま
  • バッテリーの保証期間を過ぎてもまだまだ乗ることは可能
  • 駆動用バッテリーの交換はDIYではできないので注意!
  • 保証期間内であれば【ディーラー】に交換依頼をしよう
  • 気軽に相談するなら【カー用品店】へ!
  • コスパ最強!安さと技術の【自動車工場】がおすすめ!

全国バッテリー交換

お願いできる工場をお探しなら

条件を指定して工場を探す

都道府県と市区町村から探す
山梨県
甲府市

|

富士吉田市

|

都留市

|

山梨市

|

大月市

|

韮崎市

|

南アルプス市

|

甲斐市

|

中央市

|

西八代郡市川三郷町

|

南都留郡富士河口湖町

|

山梨県の全工場を見る
茨城県
結城市

|

龍ケ崎市

|

笠間市

|

かすみがうら市

|

稲敷郡阿見町

|

茨城県の全工場を見る
栃木県
栃木市

|

小山市

|

栃木県の全工場を見る
群馬県
高崎市

|

伊勢崎市

|

太田市

|

藤岡市

|

富岡市

|

佐波郡玉村町

|

群馬県の全工場を見る
埼玉県
さいたま市桜区

|

川越市

|

川口市

|

東松山市

|

越谷市

|

久喜市

|

富士見市

|

坂戸市

|

日高市

|

比企郡滑川町

|

北葛飾郡杉戸町

|

埼玉県の全工場を見る
東京都
墨田区

|

板橋区

|

八王子市

|

立川市

|

武蔵村山市

|

西多摩郡瑞穂町

|

東京都の全工場を見る
カテゴリから探す
板金塗装 (87)

|

車検 (77)

|

タイヤ交換 (スタッドレス履き替え) (76)

|

タイヤ交換 (組み替え) (55)

|

ドライブレコーダー取り付け (持ち込み) (72)

|

エンジンフラッシング (24)

|

オイル交換 (78)

|

カーコーティング (70)

|

テレビキャンセラー取り付け (6)

|

バッテリー交換 (78)

|

ETC 取り付け・セットアップ (持ち込み) (65)

|

ヘッドライト・ブレーキランプ交換 (78)

|

定期点検・日常点検・12ヶ月点検 (73)

|

ATF・CVTF交換 (55)

|

パワーウィンドウ修理 (70)

|

シャーシブラック (下回り防錆) (55)

|

カーエアコン修理 (67)

|

カーナビ取り付け (持ち込み) (60)

|

スパークプラグ交換 (74)

|

バックカメラ取り付け (持ち込み) (64)

|

フロントガラスリペア (飛び石・ヒビ) (30)

|

ブレーキ修理 (パット・ディスク・引きずり) (73)

|

ワンオフパーツ作成 (27)

|

車用ウィンドウフィルム貼り付け (17)

|

アライメント調整 (4輪アライメント) (29)

|

ヘッドライトコーティング (黄ばみ・磨き) (68)

|

ワイパー交換 (82)

|

ウィンドウコーティング (58)

|

エアロパーツ塗装・取り付け (持ち込み) (77)

|

パンク修理 (車のタイヤ) (71)

|

踏み間違い防止装置後付け (急発進防止装置) (40)

|

エンジンメンテナンス (60)

|

車内清掃 (33)

|

ドレスアップ・チューニング (42)

|

マフラー交換 (74)

|

キャブ調整(セッティング) (4)

|

クラッチ交換 (31)

|

クーラント交換 (38)

|

ブレーキフルード交換 (37)

|

ベルト類交換 (ベルト鳴き・Vベルト・タイミングベルト) (64)

|

ミッション修理(OH) (17)

|

ラジエーター点検・交換 (38)

|

レストア (34)

|

オールペン (全塗装・色替え) (67)

|

カーラッピング (4)

|

シート・ステアリング交換 (レカロ・MOMO・NALDI・持ち込み) (59)

|

シート補修(破れ・スレ) (10)

|

ECUコーディング (8)

|

イモビライザー取り付け (イモビ・盗難防止装置・持ち込み) (20)

|

エアフィルター交換 (40)

|

エンジンパワーチェック (3)

|

カーオーディオ取り付け (61)

|

サスペンション交換 (エアサス・車高調・持ち込み) (76)

|

デイライト取り付け (27)

|

ドアバイザー取り付け(持ち込み) (38)

|

ドアミラーウインカー取り付け (28)

|

ブッシュ類交換 (27)

|

ホイール修理 (ガリ傷・サビ) (29)

|

ホイール塗装 (51)

|

ホーン取り付け(持ち込み) (37)

|

ルーフラック取り付け(持ち込み) (32)

|

レーダー探知機取り付け (持ち込み) (53)

|

ロールバー・ロールケージ取り付け (14)

|

社外メーター取り付け (持ち込み) (39)

|

福祉車両改造・修理(介護車) (16)

|

福祉車両改造・修理(自操車) (13)

|

車内消臭・車内除菌 (43)

よくある質問

  • 修理・整備工場検索サイト

  • メンテモ ノート

    クルマ情報お届けメディア

メンテモは株式会社メンテモが運営する自動車整備工場・板金工場 (鈑金工場) 検索サイトです。 現在は山梨県茨城県栃木県群馬県埼玉県東京都にてサービスを展開しており、山梨県の板金塗装 (鈑金塗装)山梨県の車検茨城県の板金塗装 (鈑金塗装)茨城県の車検栃木県の板金塗装 (鈑金塗装)栃木県の車検群馬県の板金塗装 (鈑金塗装)群馬県の車検埼玉県の板金塗装 (鈑金塗装)埼玉県の車検東京都の板金塗装 (鈑金塗装)東京都の車検など、自動車に関わるサービスを提供しています。 また、メンテモノートという自動車メディアも提供しており、こちらも自動車に関する情報をお届けしております。

運営元:株式会社メンテモ©2021 Mentemo Inc.