ノート

イグニッションコイルの交換はいつやればいい?寿命や故障した時の症状は?

最終更新日: 2021年9月17日

    • #エンジン
    • #車のメンテナンス
    • #部品交換
    • #パーツ取り付け
    • #費用比較
左を向いているナンデちゃん

ナンデちゃん

イグニッションコイルの交換はいつやればいいのかな?
左を向いているこむぎちゃん

こむぎちゃん

イグニッションコイルに寿命や故障した時に症状はあるのかな...

イグニッションコイルは車を加速させる時やエンジンをかける時に重要な役割を果たします。

もし、イグニッションコイルに不具合が起こると最悪の場合、走行に影響がでることもあるので、整備をしておくことが大切です。

今回はイグニッションコイルを交換するタイミングやイグニッションコイルに不具合が出たときの症状についてわかりやすくご説明します。

また、イグニッションコイルの交換に必要な費用や交換におすすめのお店についてもあわせてご紹介します。

ざっくりと説明すると......

  • イグニッションコイルはエンジンを始動させるときに必要な電圧を増幅させる役割を担っている

  • エンジン警告灯が点灯していたらイグニッションコイルに不具合がある可能性がある

  • 何度もエンジンを回さないとかからない」場合は交換のタイミングの目安

  • 走行距離が10万kmを超えると交換が必要

  • イグニッションコイルをできる限り長く維持したいのであれば、スパークプラグの交換が必要

  • 走行距離が10万kmに達したら、しっかりとお金をかけてメンテナンスをしよう!

  • イグニッションコイルの交換は【自動車修理工場】がおすすめ!

  • メンテモで自分に合った工場を見つけよう!

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「エンジンメンテナンス」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

イグニッションコイルとは?交換時期はいつ?

右を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

イグニッションコイルってどんな役割を果たしてるの?

イグニッションコイルは走行するうえで、とても大切な役割を担っています。

そのため、イグニッションコイルは定期的に整備することが大切です。

これから、イグニッションコイルの役割と適切な交換時期について説明するので、参考にしてみてください!

イグニッションコイルとは

イグニッションコイルとは:バッテリーの電圧を高電圧に変える変圧器の役割を担っています。

イグニッションコイルが車の走行にどんな影響があるのか分からない方もいらっしゃると思います。

一言で言えば、イグニッションコイルはエンジンを始動させるときに必要な電圧を増幅させています。

ガソリン車の場合、イグニッションコイルが動作しなければガソリンが燃焼しないので、エンジンがかからなくなります。

交換のタイミングは症状で確認!

イグニッションコイルはエンジンを始動させるのに重要な役割を担っていることを理解していただけたかたと思います。

これからはイグニッションコイルの交換のタイミングについてご説明します。

エンジン警告灯が最近よく点く…

イグニッションコイルの不具合はエンジンチェック警告灯でも確認することができます。

エンジンチェック警告灯は通常スピードメーター付近にあり、エンジンを始動した際に点灯し、エンジンに問題がなければ消えるようになっています。

しかし、問題があると警告灯は消えなくなり、何かしらの不具合を教えてくれます。

点灯したままの場合は、イグニッションコイルの交換を示すサインの可能性もあるので、点灯している場合は一度点検に出すことをおすすめします。

左を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

エンジン警告灯はイグニッションコイルの異常だけを示しているわけではないのでしっかりとみてもらうようにしましょう!

前と比べてエンジンがかかりにくい、加速しない?

先ほどご紹介しましたが、イグニッションコイルはエンジン始動に必要なパーツとなっています。

イグニッションコイルに不具合が起こると、エンジンに火が付かないので、エンジンのかかりが悪くなってしまいます。

よく起こる症状として、「何度もエンジンを回さないとかからない」状態になると危険信号です。

ほかにも、イグニッションコイルに不具合があるとアクセルを踏んでも加速が弱くなることがあります。

アクセルは、強く踏み込むことでガソリンを燃焼させる量を増やすことができます。

しかし、イグニッションコイルに問題が生じるとエンジン内部で発生するエネルギー量を増やせないため、アクセルを踏んでも加速しなくなります。

エンジン始動が遅くなり、上り坂や高速道路で加速しないと感じたらイグニッションコイルが劣化している可能性が高いです。

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「エンジンメンテナンス」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

交換時期は走行距離も一つの目安に

ここまで、イグニッションコイルの交換時期に起こる症状についてご説明しました。

しかし、これらの症状がなくても走行距離が増えれば、それだけエンジンを使用しているということなのでイグニッションコイルが消耗している可能性もあります。

左を向いているこむぎちゃん

こむぎちゃん

交換の目安は10万kmと言われています。

10万kmという目安はあくまで目安なので、日ごろからエンジンの始動性や加速に気を配るようにしましょう。

イグニッションコイル交換にかかる費用は?

左を向いているナンデちゃん

ナンデちゃん

イグニッションコイルの交換のタイミングは分かったけど、いくらかかるのかな?

車を維持する上でイグニッションコイルは欠かせないパーツですが、交換するとメリットがあるのでご紹介します。

また、交換する際にかかる費用とおすすめのお店についてもご説明します!

交換したらどう変わる?そのままでもいいの?

イグニッションコイルを交換すると、どのような効果があるのでしょうか?イグニッションコイルの交換で期待できる効果をまとめてみました。

  • エンジンの安定性が増す

  • 低速減のトルクが増大する

  • 吹き上がりが良くなる

  • 燃費が良くなる

このようにイグニッションコイルを交換すると、メリットがたくさんあります。

イグニッションコイルを交換すると、エンジン内部で発生するエネルギー量を効率よく増やすことができるようになり、エンジンの性能が安定します。

結果として、効率よく燃料を燃焼させられるので燃費が向上するのは嬉しいですよね。

ところで、電気イグニッションともいわれるダイレクトイグニッションは故障をかなり少ないと言われています。

そのため、「壊れない部品だから交換はいらないのかな?」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、イグニッションコイルをできる限り長く維持したいのであれば、スパークプラグの交換を行ううと安心です。

スパークプラグは火花を飛ばしてガソリンに点火する役割があるので、スパークプラグが消耗していると、イグニッションコイルにも負担がかかります。

右を向いているセイビちゃん

セイビちゃん

ダイレクトイグニッションを長く維持するためにもスパークプラグは日常的に点検するようにしましょう!

イグニッションコイル交換は1本大体いくらくらい?

イグニッションコイルの交換にかかる費用は、コイル1本あたり工賃込みで1万円前後が相場になります。

ただし、イグニッションコイルは1つのエンジンに複数取り付けられているので、取付けた時期が同じであれば、1つだけ交換するということはありません。

ほかのイグニッションコイルにも不具合が出ている可能性もあるので、まとめて交換するようにしましょう!

また、イグニッションコイルによって動くスパークプラグも、イグニッションコイルと同じ時期に寿命を迎え、交換が必要となることが多いです。

イグニッションコイルとスパークプラグを同時に取り替えるとなると、部品代と工賃を合わせて30,000円〜40,000円の交換費用が必要になります。

「走行距離が10万kmに達したらそれなりに費用がかかる」ということを理解しておく必要があります。

しかし、走行距離10万kmに達したら車は様々なメンテナンスをしておくと安心で長く乗ることができます。

イグニッションコイルの交換でおすすめのお店は?

イグニッションコイルはDIYで点検や交換はできますが、手間や安全性で考えるとプロに依頼するのが安心です。

しかし、イグニッションコイルの工場はどこに依頼すればいいんだろうと思う方もいらっしゃるかと思います。

そこでオススメなのが【自動車整備工場】です。

自動車整備工場はディーラーの下請けを依頼されるほど、高い技術力を持っています。

また、費用はディーラーよりも安い傾向にあります。

ほかにも、工場にもよりますがある程度であればお客様の要望に合わせて対応してもらえることもあります。

【メンテモ】ではこのような自動車整備工場の中から、技術が優れており、国から認可された認証工場のみをご紹介しています。 厳しい社内審査を通過した工場だけが掲載しているため、安心して依頼することができます!

数多くある工場の中から自分にあった工場を見つけるのは大変ですよね?

しかし、メンテモなら自分の希望にあった工場を選ぶことができるので、是非一度サイトをご覧ください!

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「エンジンメンテナンス」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

イグニッションコイルの交換は自動車修理工場に依頼するのがおすすめ!

今回はイグニッションコイルの交換のタイミングや交換にかかる費用についてご説明しました。

イグニッションコイルはエンジンに関わるパーツなのでメンテナンス費用は高くなりますが、しっかりと自動車整備工場で整備しておくと安心です。

【今回の記事のまとめ】

  • イグニッションコイルはエンジンを始動させるときに必要な電圧を増幅させる役割を担っている

  • エンジン警告灯が点灯していたらイグニッションコイルに不具合がある可能性がある

  • 何度もエンジンを回さないとかからない」場合は交換のタイミングの目安

  • 走行距離が10万kmを超えると交換が必要

  • イグニッションコイルをできる限り長く維持したいのであれば、スパークプラグの交換が必要

  • 走行距離が10万kmに達したら、しっかりとお金をかけてメンテナンスをしよう!

  • イグニッションコイルの交換は【自動車修理工場】がおすすめ!

  • メンテモで自分に合った工場を見つけよう!

探せる、見つかる愛車の主治医

山梨県「エンジンメンテナンス」をお願いする工場をお探しですか?ぜひメンテモでご予約ください。厳しい基準をクリアしたハイレベルな工場のみを掲載しています。
メンテモで探す

探せる、見つかる 愛車の主治医

SNSでクルマ情報発信中!

タグから探す
運営元:株式会社メンテモ©2021 Mentemo Inc.